2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.17 (Sun)

三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢その1

今日は友人と三十三間堂に行ってきました。
お目当ては「楊枝のお加持」の体験。
それと「通し矢」を目の前で見る事です。

楊枝のお加持とは、後白河法皇の頭痛平癒にあやかる行事です。
本尊のご宝前において7日間祈りをこらした浄水。
それを霊木・楊枝の小枝をもって参拝者にそそぎます。
無病息災・厄除開運のご利益を授けると言われています。

三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢

三十三間堂に到着すると弓矢を持った人達に遭遇。
通し矢が催されているので当たり前なのですが。
実際に見るとちょっと感動しました。
三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢

今日は三十三間堂に無料。
早速入って第1の目的の本堂へ。
参拝入口と書いてある所から中へ入る事ができます。

ここで「楊枝のお加持」の体験できます。
また、前後10列に階段に配置された1,000体の観音立像を拝見する事もできます。
この1,000体の観音立像は圧巻の一言。
写真撮影が禁止なので、お見せする事ができないのが残念です。
ぜひ三十三間堂を訪れた時に、その壮大さを目の当たりにしてください。

「楊枝のお加持」ですが、本殿のちょうど真ん中辺りで行われています。
多くの方が「楊枝のお加持」のご利益をいただいていました。

さて、無事に第1の目的を達成したので次の目的「通し矢」を見る事に。

三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢その2へ続く

~三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢~
三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢その1
三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢その2
三十三間堂の楊枝のお加持と通し矢その3

テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

21:34  |  京都の祭事・行事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。